証言者の歴史

アグネス・マンドル・アダチ

アグネスは1939年、スイスに留学してフランス語を学んでいました。 1940年にブダペストに戻りましたが、1944年のドイツ軍によるハンガリー占領後、スウェーデン大使館に保護されました。 その後、ブダペストのユダヤ人を救うための活動をしていたスウェーデン外交官ラウル・ワレンバーグのもとで、彼女は保護証明書(Schutzpaesse)の配布などの仕事を始めました。 ソ連軍がブダペストに侵攻したとき、アグネスはルーマニアに行こうと決心しました。 戦後、彼女はスウェーデンとオーストラリアに移り住んだ後、米国に渡りました。

謄本

ブタペストは2つの街からなり、中央をいわゆる美しくて青いドナウ川が流れています。私にとっては赤いドナウ川ですが、それは昔のことです。ハンガリーのナチスは川岸まで人々を連れて行き、3人をまとめてロープで縛ると、真ん中の人を銃で撃ちました。そうすると、3人とも川に落ちました。ナチスは動いている人を見つけると、確実に殺すまで何度でも撃ちました。 しかし、自力で何とか脱出した人々も数多くいました。 ところが当時はひどく寒い冬で、ドナウ川は凍って厚い氷に覆われていました。 ラウルは3日目の夜に戻ってきました。月の光も星もなく、ただ寒く暗い夜でした。 彼は普段、部下の男性と赤十字職員にしか話しかけないのですが、初めて私たちに向かって「泳げる人は何人いるか?」と尋ねてきました。 口が軽い私は手を挙げ、「学校で一番泳ぎが得意です」と言いました。 彼は「行こう」と言いました。 そこで私はテディーベアのように着込み、帽子と手袋をはめました。 私たちは対岸に下りて行きました。ハンガリー人たちは縛ったり撃ったりするのに忙しく、私たちが来たことにさえ気づきませんでした。私たちは左岸に立ち、離れた上方の車には医者と看護婦が、川の外側には私たちを引っ張り上げてくれる人々が待っていました。 私たち4人、3人の男性と私は水に飛び込みました。氷柱にロープを引っ掛けて人々を救助しましたが、たった50人でした。あまりの寒さに凍え、それ以上続けることができませんでした。 しかしラウル・ワレンバーグがいなかったら、1人も救うことはできなかったでしょう。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

Share This