証言者の歴史

アラン・ジム

ドイツ軍は1939年にコロを占領しました。1942年にアランはウッチのゲットーに移送され、そこで食料配給係として働きました。 彼は毎日、ユダヤ人評議会の議長であるモルデハイ・ハイム・ルムコフスキに食料を持っていきました。 1944年、アランはチェンストホヴァで石炭と軍需品の貨物の荷降ろしの強制労働に従事していました。 1945年、彼はドーラ・ミッテルバウ強制収容所に送られました。 ソ連軍が侵攻を始めると、収容者たちはベルゲン・ベルゼン強制収容所に移送されました。そこで英国軍は4月に収容者たちを解放しました。

謄本

9時ちょうどに2ブロック離れた収容所の門が開き、 白いベルトと手袋に赤い帽子をかぶった4人のイギリス人憲兵隊を乗せたジープが遠くに見えました。 彼らはジープの前部に座り、機関銃のようなものを持っていました。 その後ろには拡声器を載せたトラックがあり、あらゆる言語で「親愛なる友人たちよ...」と話していました。 ドイツ語、ポーランド語、イディッシュ語などです。 「今から皆さんは自由です。 連合国軍によって解放されます。 ドイツ軍はもう皆さんに何もしません。 皆さんは自由なのです。」 すべての人が泣いていました。 それはとても感動的な体験でした。 うまく説明できません。 人々は飛び上がり、抱き合い、キスをしていました。 みんながジープに駆け寄りました。 憲兵隊が車から降りると、人々は彼らを肩に乗せてブロック中を歩きました。 それでも人々は信じていませんでした。 まだ多くの人々が恐れていました。 彼らはトラックで来ました。 数人の憲兵隊が来て、引き継ぎました。


  • Jewish Community Federation of Richmond
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.