証言者の歴史

ベンジャミン・(ベリル)・フェレンツ

ベンはルーマニアのトランシルバニアのカルパティア山脈にある小さな村で生まれました。 彼が幼いときに、家族は米国に移り住みました。 ベンはハーバード大学に通い、刑法を勉強しました。 1943年にハーバード大学法学部を卒業し、西ヨーロッパへの連合国軍の侵攻に備えて訓練中だった米軍の高射砲部隊に加わりました。 ヨーロッパの第二次世界大戦が終結すると、ベンは米軍の戦争犯罪捜査部門に転任し、背後関係の証拠収集および申し立てを受けたナチ戦犯の逮捕を担当しました。 最終的に彼は、ニュルンベルク継続裁判のアインザッツグルッペン訴訟で米国の検事総長に就任しました。

謄本

一般的な初期捜査では報告書を作成しました。米軍の落下傘兵が降下地点で民衆に殺害された件などです。 私たちは、現場の情報提供者などから報告書を受け取り、軍情報部から戦争犯罪部に送ります。それからジープに乗り込み、その現場に向かいます。たいてい自分で運転しますが、運転手付きの場合もあります。現場に到着すると、一番近い当局、市長や警察署長のところに行きます。そして「ここで犯された戦争犯罪の報告書を持っています。これに関して何か知っていますか?」と尋ねます。 もちろん「何も知りません」と彼らは答えます。 「座って宣誓供述書を書きなさい。知っていることをすべて説明しなさい。嘘をついたら銃殺刑です。ここから500ヤード以内にいる全員を逮捕して、ここに連れてきなさい。座らせて供述書を書かせなさい。 彼らに説明しなさい」。 私はドイツ語を話せる人を見つけました。当時、私はドイツ語を話せませんでした。勉強したこともありませんでした。もちろんしばらくしてから勉強を始めましたが、当時の私のドイツ語は片言でした。ほとんどイディッシュ語でしたが、仕事ができるぐらいには何とか通じました。 私は次のように言います。「英語とドイツ語がわかる人を連れてきなさい。あなたが通訳者になり、 人々に説明しなさい」。彼らは50人から75人ぐらいの人を逮捕してきました。「座って、何が起きたのかを正確に書くように彼ら全員に言いなさい。 嘘をついた人は銃殺刑です」。 彼らは不動の姿勢をとり、身震いすると、座って書き始めます。 全員を別々に離して座らせました。 次に私は供述書を集め、「ではそれを読みなさい」と言い、彼らは読み上げます。75人の供述書を読むとすぐに、そのうち40人が同じことを言っているのに気づきます。 「私はそこにいませんでした」、「私は何も聞いたことがありません」、「私はその瞬間にたまたま牛の乳を搾っていました」などと言う人もいます。 しかし、40人の供述書から何が起きたのかがわかります。 この供述と日付に基づいて書くことができました。連合国の飛行機が撃ち落とされ、2人の米軍落下傘兵が捕まり、町の中央に連れて来られました。そこで彼らは民衆によって殴られ、ゲシュタポ本部に連れて行かれました。相違点はあっても、このようなケースが数多くありました。次に犯人を逮捕できるかどうかを確認するために、ゲシュタポ本部に行きました。彼らは決まって逃走した後でしたが、記録を収集して責任者を突き止めることはできました。 次に死体を見つけに行き、掘り起こしました。 あるときは自分で掘り、あるときは墓地登録に電話をして作業員を送ってもらいました。またあるときはドイツ人を呼び止め、掘るように頼みました。死体を掘り出すと、信号隊のカメラ班を呼んで写真を撮らせ、洗って死体の特定を試み、報告書を書きました。全部隊に誰それの逮捕命令を出しました。それまでに戦争捕虜は保護され、身元を確認され、戦犯裁判に備えて収容されました。 私が行った捜査はこのようなものでした。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.