証言者の歴史

ボレスワフ・ブロデッキ

ボレスワフと彼の姉は、ワルシャワのユダヤ人地区で育ちました。 1939年9月、ドイツ軍はワルシャワを攻撃しました。ボレスワフの父親は病気の親類を置き去りにしたくなかったので、ボレスワフと彼の姉だけがソ連の国境へ向かう列車に乗って逃げました。 ドイツ軍は1941年にソ連の領土に侵攻し、ボレスワフは1942年に強制労働収容所に投獄されました。 彼はテレージエンシュタットのゲットーに移送されましたが、1945年にソ連軍によって解放されました。

謄本

仕事から戻ると、夕食前に絞首刑を見なければなりませんでした。 彼らは2〜3本の電線を持ち、絞首刑にする人々を連れてくると、その電線に人々を吊るしました。 3日間も食べ物を与えられず、自分たちの上に排尿する人々もいました。 彼らは私たちが仕事から戻ると、人々を連れてきました。 テーブルと椅子を出して人々を吊るし、くだらない文を読んでから椅子を蹴り飛ばしました。 吊るされる前に撃たれた人もいました。彼は「お前たちは殺人者だ。 戦争に負けるのだ。 ヒトラーは死ぬ」と叫び始めたのです。 彼は銃で撃たれた上に、絞首刑にされました。 私たちは感覚が麻痺していたので、それ以上は誰も取り乱しませんでした。 死んだ人々を見ること、絞首刑にされる人々を見ることは、まるで映画を見ているような感じでした。何をする必要があるとか、どのように反応するとか、そういう感じでした。 どういうわけか平常心に戻るのです。 車か何かに人がはねられるのを見たとしても、 時間が経つにつれて元の自分に戻っていくと思います。私の言うことがわかるでしょう。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

このページは次の外国語からも入手出来ます

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.