証言者の歴史

セシリエ・クライン・ポラック

セシリエは、信仰心の厚いユダヤ人の中産階級の家庭に生まれた6人の子供たちの末っ子でした。1939年、チェコスロバキアのセシリエの居住地域はハンガリーに占領され、家族は囚われの身になりました。1944年にはドイツがハンガリーを占領し、セシリエとその家族はフストのゲットーに移され、やがてアウシュビッツに送られました。セシリエは姉とともに強制労働に従事させられ、他の家族は到着後すぐにガス室で殺害されました。セシリエはその後いくつかの収容所に移され、工場での労働に従事しました。1945年、セシリエは連合国軍によって解放されました。戦後に彼女は婚約者と再会し、結婚しました。

謄本

私たちは大きな建物に連れて行かれました。そこにはシャワーキャップがあって、私たちは服を脱ぐように言われました。私はまだ若くて見栄っ張りだったので、いつも一番よい服を着ていました。そのときも上質なコートとドレスを合わせて着ていたので、服を脱いだときに女性囚人班長が来てそれを脇に投げ捨てたものですから、「それは私の服です」と私が言うと、その女性囚人班長は「あなたにはもう必要ない」と言ったのです。その意味がわからず、私は非常に怖くなりました。服を脱ぐと、台の上に立つように命じられ、髪の毛や陰毛を含め体毛をすべて剃られました。服を奪われただけでなく髪も剃られてしまったので、お互いに誰だかも認識できなくなりました。それからシャワー室に押し込められました。最初にやけどするほどの熱湯を浴びさせられたので、その熱湯から逃げだそうとすると、親衛隊と囚人班長に殴られ再び熱湯シャワーの中へ戻されました。その後に氷のように冷たい水を浴びさせられたときも同じで、その後でやっとこのシャワー室から出されました。一人一着の衣服が与えられましたが、もちろんサイズがまちまちで、小さすぎたり、大きすぎたりしてまったく合いませんでした。下着やブラジャーなどはまったく支給されず、ドレスのようなその服一着のみでした。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.