証言者の歴史

セシリエ・クライン・ポラック

セシリエは、信仰心の厚いユダヤ人の中産階級の家庭に生まれた6人の子供たちの末っ子でした。 1939年、チェコスロバキアのセシリエの居住地域はハンガリーに占領され、 家族は囚われの身になりました。 1944年にはドイツがハンガリーを占領し、セシリエとその家族はフストのゲットーに移され、やがてアウシュビッツに送られました。 セシリエは姉とともに強制労働に従事させられ、他の家族は到着後すぐにガス室で殺害されました。 セシリエはその後いくつかの収容所に移され、工場での労働に従事しました。 1945年、セシリエは連合国軍によって解放されました。戦後に彼女は婚約者と再会し、結婚しました。

謄本

前日に、小さなスーツケース1つだけを持ってゲットーを出る準備をするように言われました。 かつては工場だったらしいレンガ造りの建物に着くと、私たちは再び検査を受けました。 親衛隊もそこにいて、女性は少女も全員服を脱いで裸になり、貴重品を隠していないか、身体の中までも調べられました。 私の母はとても信仰心の厚い人でした。その母が、こんなひどい目に逢ってどんなにつらい気持ちでいるだろうかと、私はそればかり考えていました。 検査が終わった後、赤ん坊のダニーを抱いて哺乳瓶を持っていた姉から、母が赤ん坊を抱き取りました。 すると親衛隊員が哺乳瓶をつかんで、「おい、何を持っているんだ」と言いました。 母は「この赤ん坊にミルクがいるんです。 お願いです、孫からミルクを取り上げないで」と懇願しました。 親衛隊員が母を鞭で打ち始めたので、私は大声で叫びました。これによって注意を母から逸らすことができたので、 母はちょうどそこに来ていた家畜用の列車に向かって走り始めました。 母から注意を逸らした親衛隊員は、今度は私を鞭で打ち始めました。でも、私も走って逃げて、家畜用の列車に乗り込むことができたのです。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.