証言者の歴史

ダラス・ペイトン

アリゾナ州ツーソン出身のダラス・ペイトンは、第70機甲歩兵師団の隊員でした。 1945年に、解放の任務を帯びた他の軍隊と共に、彼はダッハウ強制収容所に入り、生存者と残虐行為の証拠に遭遇しました。

謄本

私が見たほとんどのものは非常に恐ろしいものだったので、記憶が抜け落ちています。自衛本能か何かが働いたために、詳細はあまり覚えていないのです。 ただ、2つの光景は鮮明に覚えています。 1つは我々が収容所に近づいていったときに、列車に詰まった収容者たちを見たのです。 でも彼らは収容者ではありませんでした。 彼らはブーヘンヴァルトからダッハウに送られた死体の山で、おそらくダッハウの火炉で焼却されることになっていたのだと思います。 これは私の憶測です。 もう1つは、収容所構内での光景です。 私は、生存していた骨と皮ばかりの2人が、足を引きずって互いに歩み寄ってくるのを見たのです。 彼らは互いに数メートルの距離まで近づくと、立ち止まってお互いを見つめ合い、そして走って抱擁しようとしたのです。 彼らは血がつながっているか、非常に仲の良い友人のようでした。そしてそのときまで、相手がまだ生きていたことを知らなかったのです。 しかしながら、彼らはおそらく長い間、同じ収容所にいたのです。 私はこれらの2つの光景をとても鮮明に覚えていますが、その他の多くは記憶にありません。


シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.