証言者の歴史

エドワード・レッシング

エドワードは、ハーグでユダヤ人家族のもとに生まれました。そして、1929年に米国に移住しました。父親の職探しがうまくいかなかったため、エドワードと家族は1932年にオランダに戻りました。戦争が始まったときはデルフトの町に住み、小さな衣料品店を経営していました。1940年5月、ドイツがオランダに侵攻しました。反ユダヤ法が制定されて強まった結果でユダヤ人は店を経営してはならず、1942年5月3日以降に黄色いバッジをつけなければならないということでした。オランダ在住のユダヤ人の移送が開始されたとき、エドワードと家族は潜伏生活に入りました。エドワードは、戦争が終わるまで非ユダヤ人を装っていました。

謄本

ある日、星の形をしたバッジを付けなければならないという命令が出されました。外出時、すべてのユダヤ人は星型のバッジを着用しなければなりませんでした。そこで、私の母が私の洋服に星のバッジを縫い付けてくれました。ある出来事を覚えています。私には、現在、マサチューセッツ州のスプリングフィールドに住んでいる従兄弟のハンスがいます。彼は私と同じくらいの年齢で、当時、私たちは少し似ていました。私たちは2人とも、私の父が昔経営していた衣料品店で入手した同じオーバーコートを着ていたので、双子のようでした。ハンスはよく言っていました。「ねえ、外に出て、双子みたいに歩いてみよう。」そこで私たちは、できる限り、同じソックス、シャツ、同じマフラーを身に付け、双子を装って歩きました。それは楽しい体験でした。私は星を付けていて、彼は付けていなかったことを除いては。それは唯一の違いでした。ハンスの母親、つまり私の叔母のクララはユダヤ人でない人と結婚したので、ハンスにユダヤ人の血は半分しか流れていなかったのです。私たちがデルフトを歩いていると、1人のドイツ人に呼び止められました。ドイツ人に体を触られたのはこのときだけです。私はこのドイツ人に呼び止められました。同じコートを着た私たちはドイツ人に行く手を阻まれました。するとそのドイツ人は従兄弟のハンスに言いました。「ユダヤ人と歩きながらここで何をしているのか?」私は言いました。「彼は私の従兄弟です。」そのドイツ人は私の顔をひっぱたき、私はこのようにドシンと音を立てて地面に倒れました。ドイツ人は次のように言いました。「この卑劣なユダヤ人が。」そして私の従兄弟に言いました。「もう、こんなやつと二度と一緒に歩いてはいけない。ユダヤ人とは。」


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

このページは次の外国語からも入手出来ます

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.