証言者の歴史

へニー・フレッチャー・アロンセン

へニーは、リトアニアのコブノでユダヤ人の上中流階級の家庭に生まれました。 彼女とその兄は私立の学校に通いました。 1940年6月、ソ連軍がリトアニアを占領しましたが、ほとんど何の変化も見られませんでした。それを変えたのが1941年6月のドイツ軍による侵攻でした。ドイツ軍は1941年8月にコブノのゲットーを封鎖し、ヘニーは家族と共にゲットーに強制移送されました。 1943年11月、ヘニーはゲットーで結婚しました。彼女の持参金は1ポンド(450グラム)の砂糖でした。 友人や家族は一斉検挙で収容所に移送されましたが、彼女は数回の検挙を逃れました。 1944年にドイツ軍がコブノのゲットーを一掃した際、ヘニーもシュトゥットホーフ強制収容所に送られ、 そこで強制労働を行うグループに入れられました。 ソ連軍が迫ってきたので、ドイツ軍はヘニーや他の囚人を死の行進に加えました。 ヘニーは1945年にソ連軍によって解放され、後に夫と再会して米国に渡りました。

謄本

シュトゥットホーフに到着した後、女性はそこで降りるように言われました。夫や父親とは後で会えるからということでした。 私は義姉と二人で汽車を降りました。別の交通手段が用意されているかはわかりませんでした。 荷台に幌がないトラックが数台来ていました。私たちはそれに乗せられ、シュトゥットホーフ収容所に向かいました。 私のコートは、わずかな所持品と共に、ただちに取り上げられました。何一つ手元に残しておくことはできませんでした。私は母にしがみついていました。そこで服を脱ぐように言われました。 いくつか机が並んでいて、その後ろに若いドイツ兵たちが座っていました。 彼らは私たちに「よろしい、向こうの大きな部屋に行って服を脱ぐこと」と言いました。 それは着ているものをすべて脱ぐということでした。 私は母の横で、数百人の他の女性たちと一緒に全裸になって、机に座っているごろつきたちの前に並びました。 こんな状況で何を考えますか。 この兵士たちは別の惑星から来た生き物でした。 別の惑星でなければ、地獄から来た生き物でした。 こんな奴らが自分を見ていることを気にかける必要はありません。母親や友人や親戚(私の親戚は義姉だけでしたが)と並んで立たされていること、 一糸まとわぬ姿で奴らに見られていることは、品位を卑しめることでした。 でも、私はただそこに立っていました。彼らは私たちを眺めただけで、後ろの部屋に行ってシャワーを浴びるように言いました。そして縞模様の制服を渡されました。それが試練の始まりでした。 ここは強制収容所でした。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

このページは次の外国語からも入手出来ます

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.