証言者の歴史

カート・クライン

ナチスの反ユダヤ人政策が強まる中で、カートの家族はドイツを去ることを決心しました。 カートは1937年に米国に向けて出発しましたが、彼の両親は第二次世界大戦の勃発前に国を脱出することができませんでした。 カートの両親はその後、ドイツ占領下のポーランドにあるアウシュビッツに移送されました。 1942年にカートはアメリカ陸軍に入隊し、軍諜報部で訓練を受けました。 ヨーロッパにおいて、彼は捕虜の尋問にあたりました。 1945年5月、彼はチェコスロバキアの1つの村の降伏に関与し、翌日その村に戻って、死の行進中にそこに見捨てられた100人を超すユダヤ人女性を救助しました。 カートの将来の妻となったゲルダは、このグループの女性の一人でした。

謄本

そして私は軍政府部隊から、親衛隊が空の工場内に取り残したポーランド系およびハンガリア系ユダヤ人女性のグループについての情報を得たことを聞きました。 そしてこの女性たちは、我々の軍隊によって解放されたのです。 もちろん我々は、その日はそれ以上何もできなくても、彼女たちのために何かしなければならないことを認識していました。そこで朝になって大きな援護を得た後で、任務に取りかかったのです。 私はこの工場の場所についての情報を得てその場所に向かい、ジープから降りて中庭を歩き始めると、骨と皮ばかりにやせ細った人たちが井戸のポンプから水を汲もうとしているのが見えたのです。 しかしその反対側の、建物の入口の横の壁に寄りかかっていた女性が見えたので、彼女のところまで歩いて行くことにしました。 そして、ドイツ語と英語でどちらかの言葉を話すかどうか尋ねると、彼女はドイツ語で答えました。 そして彼女の仲間について尋ねると、「見せてあげましょう」と言ったのです。 それで我々は工場の中に入っていきました。 そこでは、言葉に言い表せない光景を目の当たりにしました。 藁くずを敷いた床に女性が散在していて、その中には死が迫っていることが明らかな人たちが含まれていました。 彼女たちは全員が悲惨な様相で、当然のことながら衰弱し、病気になっていることがわかりました。そこで、私が決して忘れられない、驚くべきことが起こったのです。 私の案内をしてくれた女性はこの悲惨な光景の前で手を広げ、次のように言ったのです。 「人間よ、気高くあれ、慈悲深く、善良であれ。」 私は、このようなときに彼女がドイツの詩人、ゲーテの「神性」という詩を唱えることができたことに驚きました。 彼女が発した言葉以上にこの状況の冷酷な皮肉を強調できたものはありませんでした。 それは私にとってとてつもなく強烈な体験でした。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.