証言者の歴史

カート・クライン

ナチスの反ユダヤ人政策が強まる中で、カートの家族はドイツを去ることを決心しました。 カートは1937年に米国に向けて出発しましたが、彼の両親は第二次世界大戦の勃発前に国を脱出することができませんでした。 カートの両親はその後、ドイツ占領下のポーランドにあるアウシュビッツに移送されました。 1942年にカートはアメリカ陸軍に入隊し、軍諜報部で訓練を受けました。 ヨーロッパにおいて、彼は捕虜の尋問にあたりました。 1945年5月、彼はチェコスロバキアの1つの村の降伏に関与し、翌日その村に戻って、死の行進中にそこに見捨てられた100人を超すユダヤ人女性を救助しました。 カートの将来の妻となったゲルダは、このグループの女性の一人でした。

謄本

  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

Thank you for supporting our work

We would like to thank Crown Family Philanthropies and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.