証言者の歴史

レオ・ブレトルズ

1938年のドイツによるオーストリアの併合後、レオは逃亡を試み、最終的にベルギーに着きました。1940年に、フランスのサンシプリアン収容所に移送されましたが、そこから脱出しました。1942年にレオは、スイスに密入国しましたが、逮捕され、フランスに送り返されました。このときは、リヴサルト収容所とドランシー収容所に収容されました。レオは、ポーランドのアウシュビッツ強制収容所への移送中に友人とともに列車から脱出し、1943年にフランスの地下組織に参加しました。合衆国には、1947年に移住しました。

謄本

最後の脱出の後に隠れていたときに、リヨンの南、ローヌ渓谷にあるサン・ヴァリエという小さな村にあるグループに参加するための推薦状のある書類が送られてきました。当時、この付近は、クラウス・バルビーの保護の下にあり、ゲシュタポ活動の温床でした。私は、1943年11月に、そのグループが実際にはどんなグループであるかを知らないまま加わりました。私の中では、このグループは、女性や子供とは無縁の、逃亡した他の若者たちや中高年の男性たちと隠れるための場所となるはずでした。しかし、そこに着いて数時間で、このグループが本当は何であるかがわかりました。自分がどこから来た誰であるかを人々と話すうちに、違法な地下活動を行うための場所に送られたことに気が付きました。この特定の地域、またはこの特定のキャンプで行われていたことは、見つからないように書類を回すにはどうしたらよいか、レストランなどの場所にいる場合にどんなことを言わなければならないか、査察チームが来た場合やパトロールが来た場合にどうしなければならないか、たとえば、自然に振舞うこと、フランス人としてフランス人がしゃべる言語以外の言語を絶対にしゃべらないこと、罠にはまらないようにすることなど、指示を受けることがほとんどでした。そして、そこでは、一定の時間が経つと私たちの働きが役立つ地域に送られることがわかっていたため、時間を無駄にせず後々役立つように商売の仕方も教えてくれました。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア