証言者の歴史

マドレーヌ・ドイチュ

マドレーヌは1938〜1939年の期間、ハンガリーによって併合されたチェコスロバキアの地区の中流家庭に生まれました。父は在宅で仕事をし、母は専業主婦でした。 マドレーヌは高校に通っていました。 1944年4月に彼女の家族はハンガリーのゲットーに強制的に収容されました。 家族は2週間ゲットーで過ごした後、アウシュビッツに移送されました。 マドレーヌと母は、父や兄と離ればなれにさせられました。 父も兄も、戦争を生き延びることはできませんでした。 アウシュビッツに到着してから1週間後、マドレーヌと母はブレスラウにある軍需工場での労働に駆り出されました。 2人はグロース・ローゼンにあるペーテルスヴァルダウ補助収容所に1年間収容された後、1945年5月にソ連軍によって解放されました。マドレーヌと母は、米国へのビザが発行されるのを待つ間、ミュンヘンの難民キャンプに暮らしていました。 2人は1949年3月にニューヨークに到着しました。

謄本

私は18歳でしたが、実際にはわずか13歳でした。なぜならその5年間私は存在しなかったからです。 その期間は私の人生から消去されていました。 ですので私は18歳の少女の体を持った13歳の少女でした。 そして、何も知らなかったのです。 私は臆病な少女でした。 身近な家族、つまり、母の姉妹とその夫、彼らの子供、彼らの一人息子以外とは、誰ともコミュニケーションが取れなかったのです。 そして我々は、叔母や従兄弟たちと一緒にニューヨークに行きました。 私は、外出することができませんでした。 私は硬直しきっていたのです。 私は、ナチスがまだいるのではないかと恐れていました。 私は何年もの間、悪夢に悩まされていました。 長い年月にわたって、すべてを思い起こしていたのです。 アウシュビッツへの移動、暴力、殺害、列車から降ろされた死者、暴力、解き放たれて人々に飛びかかり、彼らを噛みちぎった犬などのことをです。 私は何年もの間、そうしたことを見て生きてきました。 今でもその記憶は残っていますが、今では恐ろしい悪夢に悩まされることはあまりなくなりました。 たとえば今日のような日の後では、多少の悪夢に悩まされることでしょう。 でもこれも何年も続いてきたことです。 そしてそれは、本当に恐ろしいことでした。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

このページは次の外国語からも入手出来ます

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.