証言者の歴史

ミーゾウ(マイケル)ヴォーゲル

ミーゾウの家族はトポリチャニに住んでいました。 フリンカ警備隊(スロバキアのファシスト)が1939年にこの町の支配権を握り、1942年にミーゾウはスロバキアが運営するノヴァキー強制収容所に移送されました。 その年の後半に、彼はポーランドのアウシュビッツ強制収容所に移送されました。 彼は最初はブナ工場で強制労働をさせられ、その後ビルケナウの「カナダ」別棟で、到着した列車の荷下ろし作業をさせられました。 連合国軍が1944年後半に進軍してくると、収容者たちはドイツの収容所に移送されました。 ミーゾウはランツベルグからの死の行進中に脱走し、米軍により解放されました。

謄本

ただし、収容所自体、これは実際には死の工場そのものでした。 ビルケナウには4つの火葬場と2つのガス室がありました。2つの火葬場が道路の片側にあり、2つのガス室と2つの火葬場が道路の反対側にありました。 そして列車は火葬場の近くまで乗り入れたのです。 そして収容所全体からこの光景が見えました。 煙だけでなく炎、煙突からの炎が見えたのです。 そしてもちろん、回教徒と呼ばれた骨と皮だけになった人々を火葬していたときには、煙だけが見えました。 しかし、太った人々、つまりまだ脂肪が付いた人々がいたときには、炎が見えたのです。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.