証言者の歴史

マレイ・パンテアー

ドイツ軍は1939年にクラクフを占領しました。マレイの家族は、この町のほかのユダヤ人たちと一緒にクラクフのゲットーに閉じ込められました。 1942年にマレイと彼の兄弟は、強制労働のために近くのプラショフ強制収容所に移送されました。 1944年5月に彼の兄弟はアウシュビッツに移送され、マレイはドイツのグロース・ローゼン強制収容所に送られました。 マレイはその後、ドイツ人実業家オスカー・シンドラーの工場で強制労働をするためにスデーテン地方のブリュンリッツに移送されました。 シンドラーは、彼に仕えたユダヤ人たちが戦争を生き延びるための手助けをしたのです。 マレイは1945年に解放されました。

謄本

私はクラクフに到着して自分のアパートに入ると、直ちに女性に言いました。「このアパートには欲しいものは何もありません。」 すべて、そのアパートの中にあったものは私のものでした。 でも全く関心はありませんでした。 「私はただ短いメモを書きたいだけなのです。 私の家族の誰かが奇跡的にも生き延びたとしたら、私はレイザー・パンテアーの次男です。私は生き延びました。 そして私はクラクフのユダヤ人コミュニティに登録しています。 これからどこに行くかはわかりませんが....」 そこで彼女が言いました。「座ってお茶でも飲んでください。」 彼女は息子に民兵を呼んで来させたのです。 民兵が階段を上がってきてこう言いました。「何でここに来て問題を起こすんだ?」 私は答えました。「私がどんな問題を起こしたと言うんですか? 私は自分の住所とアパート、そして自分の名前を書き留めたいだけです。」 そして、前にお話ししたように、我々には物資があったので道ばたでそれを売り始めると、彼らは「My nie kupujemu u zydov! -- ユダヤ人からは物は買わないぞ」とか、「ごらん、彼らを殺したって聞いていたけど、こんなにたくさんいるじゃないか。」などと言うのです。 ですから私は、数千人の人々に混じって、生活に必要な物のために物々交換しようとしていた2人か3人のユダヤ人青年の1人でしかありませんでした。 彼らは我々の存在をうとんでいました。 そして私の耳には常に、「Zydy do Palestuny -- ユダヤ人はパレスチナに行け」という罵声が聞こえていました。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.