証言者の歴史

ルネ・スロットキン

ルネと双子の姉のイレーヌは、ルネとレナーテ・グットマンのもとに生まれました。 2人が生まれて間もなく、家族はプラハに移りました。プラハに住んでいた1939年3月、ドイツ軍がボヘミアとモラビアを占領しました。数か月後、父親は軍服を着たドイツ兵に逮捕されました。 数十年後、ルネとイレーヌは父親が1941年12月にアウシュビッツ強制収容所で殺害されたことを知りました。ルネとイレーヌは母親と共にテレージエンシュタットのゲットーに送られ、後にアウシュビッツに移送されました。 アウシュビッツでルネとイレーヌは引き離され、医学的な実験の対象になりました。 戦後、ルネはチェコスロバキアのコシツェの医師の家族のもとで過ごし、後に米国に渡ってそこでイレーヌと再会しました。

謄本

私はコシツェで学校に通い始めました。彼は妹のイーデス・マンとその夫ジョゼフ・マンに私を預けていました。 この夫婦にはオットーという名前の男の子と、ビビとかいう名前の女の子がいました。 そう、ビビでした。 私たちは学校の近くに住んでいて、私は自分がユダヤ人だということを知っていました。その2人がユダヤ人でしたし、学校で「ジュー」というユダヤ人蔑視の名前で呼ばれていたからです。 その学校には、私のほかにもう1人のユダヤ人がいました。 その子の名前はソベルといいました。 ソベルというその名前を私は決して忘れないでしょう。 ファーストネームは知りませんでした。学校の男子たちは毎日の放課後、私たちを待ち伏せして乱暴を加えました。 下校するのはとても大変でした。 なぜ登校時には問題がなかったのかわかりませんが、下校時は毎日が恐ろしい体験でした。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.