証言者の歴史

ロバート・ワーゲマン

ロバートと彼の家族はエホバの証人でした。 エホバの証人たちは、アドルフ・ヒトラーへの忠誠を誓うことや、ドイツ軍への徴兵を拒んだため、ナチスは彼らを敵と見なしていました。 ロバートの家族はナチスの迫害にもかかわらず、宗教活動を続けていました。 ロバートを産んだ直後に、彼の母は宗教活動の資料を配布した罪で短期間拘置されました。 ロバートは産まれたときに腰を損傷し、障害者となりました。 ロバートは5歳の時、シュリースハイムで身体検査を受けるように命じられました。 母親は、病院のスタッフがロバートを「眠らせる」と話しているのを耳にしました。 彼らがロバートを殺そうとしていることを知り、ロバートを抱きかかえて病院から逃げ出しました。 ナチスの医師たちは、身体または精神に障害があると見なした人々を1939年の秋から計画的に殺害し始めたのです。

謄本

母と私はハイデルベルグにあるシュリースハイムの大学病院に呼ばれ、そこで私は身体検査をされました。 その検査中、母は診察室の外に座って待っていたのですが、医師が私を片付ける(abspritz)、つまり、注射で眠らせると話しているのを耳にしたのです。 その会話を耳にした母は、昼食の時間に医師がいなくなったときに私を抱きかかえてネッカー川に向かい、高いアシの茂みの中に入りました。そこで私に服を着せて逃亡したのです。彼らが私たちを追いかけてくるのがわかっていたからです。 私たちは祖父の家に辿り着き、私が学校に行くようになるまでそこで暮らしていました。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.