証言者の歴史

サム・イツコヴィッツ

ドイツ軍は1939年9月にポーランドを侵略しました。マコウが占領されると、サムはソ連領土に逃げました。 彼は条款によりマコウに戻され、強制的にゲットーに収容されました。 1942年に、彼はアウシュビッツに移送されました。 ソ連軍が1944年に進軍してくると、サムをはじめとする収容者たちはドイツの収容所に送られました。 収容者たちは1945年の前半に、死の行進を強いられました。サムは爆撃中に逃亡した後、米軍によって解放されました。

謄本

ガス室はこれと同じような建物で、2つのシュート、つまり有孔金属板の付いた、一番上まで突き抜けた2本の煙突のようなものがありました。 4つの角には全体に約6ミリの穴がありました。そして穴のある2、3枚の金属板が使われていました。 そのシュートは屋根まで突き抜けていていました。屋根は、外の地面とほとんど同じ高さでした。 そこには親衛隊の隊員が立っていて、ガス室が一杯になるとすぐに、あ、ちょっと待て.... ガス室には、最初に女性が入れられ、次に男性が入れられました。ときには、20〜30人の人たちが入りきらないこともありました。ですから子供たちはいつも最後に残されたのです。 そして、ガス室が一杯になり、それ以上人を押し込めなくなると、子供たちを人々の頭上に這わせて、一杯になるまで押し込み続けたのです。そしてドアが閉められました。それは約15センチもの厚さのある非常に厚いドアでした。 ドアは私が作ったのでよく知っています。それには3つのかんぬき、つまり3本の鉄棒が使われていました。 鉄棒のかんぬきがドアに掛けられて、ねじでしっかりと留められたのです。 男たち、つまり親衛隊の隊員たちが赤十字のワゴンとともに外に立っていて、ガス缶、つまりトラックの中、救急車の中にあった缶を持っていました。 彼らはマスクをして、つまりマスクをしなければならず、ガス缶の蓋を引きはがし、ガス室につながる煙突のシュートに投げ込んだのです。 火葬場IIとIIIにも2つのガスシュートがありました。 そして、ガス缶を投げ込むとすぐに蓋を閉めて、ガスが漏れないようにしたのです。 そしてその後に聞こえたものは、「シェマ...」(ユダヤ人の祈りの言葉)という大きな1つの音だけでした。 わずか5〜10分のことでした。 ドアには4〜5層のガラスの小さな覗き穴がありましたが、鉄棒があったので、誰もガラスを割ることはできませんでした。 そして、彼らがガス室の中のライトを点けて入るのは、人々がすでに死んでいるかどうか確認するときでした。


タグ


  • Jewish Community Federation of Richmond
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.