証言者の歴史

ヴラジュカ(フェジェラ)ペルテル・ミード

ヴラジュカは、ツークンフト青年運動同盟(ユダヤ人社会主義政党)に属していました。彼女はユダヤ人戦闘組織(ZOB)のメンバーとして、ワルシャワのゲットーの地下組織で活動していました。1942年12月に、彼女はワルシャワのアーリアンとポーランド側地区に脱出し、武器を入手して、子供と大人のための隠れ場所を探そうとしました。彼女はユダヤ人地下組織と、収容所、森、および他のゲットーにいるユダヤ人のための秘密工作員となりました。

謄本

母が弟とともに移送されるときが来ると、私はウムシュラークプラッツ(集荷場)に向かいました。私たちの家にいた警察官に賄賂で買収することができるかと思ったからです。私には小さな時計などいくつかのものがありました。警察官たちが、ウムシュラークプラッツから人々を救い出すことができたことがあるのを知っていました。私は、警察官のところに行きましたが、まったくなすすべがなかったため、私も母と弟と一緒に行くことにしました。私は、警察官に、母と弟が移送されるときに自分も一緒に行くことを告げ、ウムシュラークプラッツに行きましたが、母と弟の許に行く決心がつきませんでした。私は、地下組織からの情報でこの移送が別の都市への移送ではなかったことを知っていたからです。今でも、私が若かったときに母のところに行かなかったことを悔いています。母は、私の弟とともにウムシュラークプラッツから移送されました。移送を待っているウムシュラークプラッツで、弟はおなかがすいていること、もう出発するという内容を書いたメモを送ってきました。その当時、実際にはトレブリンカのガス室に送られる人々に、他の都市への引越しをするためだということを信じさせるために、列車に乗り込む前にマーマレードのついたパンを配っていました。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.