証言者の歴史

ヴラジュカ(フェジェラ)ペルテル・ミード

ヴラジュカは、ツークンフト青年運動同盟(ユダヤ人社会主義政党)に属していました。 彼女はユダヤ人戦闘組織(ZOB)のメンバーとして、ワルシャワのゲットーの地下組織で活動していました。 1942年12月に、彼女はワルシャワのアーリアとポーランド側地区に脱出し、武器を入手して、子供と大人のための隠れ場所を探そうとしました。 彼女はユダヤ人地下組織と、収容所、森、および他のゲットーにいるユダヤ人のための秘密工作員となりました。

謄本

夜、そこにいた間に、ゲットーに炎が上がるのを見ました。 そして、私の頭の中に焼き付いたいくつかの光景も見たのです。 何人かのユダヤ人がある場所から別の場所に走って逃げてきていました。またビルから飛び降りたユダヤ人も何人かいました。でも私はこれを窓から見ていて、何もすることができなかったのです。 その後、炎がゲットーに広がっていきました。 ドイツ軍は通りを支配することができず、次から次にブロックに火をつけたのです。 彼らはゲットー(建物)を燃やし始めました。そしてアーリア側にいた我々、小数グループは、この暴動の中で内部と連絡を取ろうとしたのです。 我々は連絡を取ろうとしました。 ゲットーに入って彼らのもとに行こうとさえ決心したのですが、すべては無駄でした。 通信は何もできませんでした。 我々は、ただ戦車が出たり入ったりするのを見たり、救急車が入っていくのを見ただけでした。そして我々は銃撃の音を聞きました。その間、我々は、これらのこと、つまり何が起こっているのかを外部に伝えなければならないと考えました。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.