証言者の歴史

ワランス・ウィトコウスキー

ワランスと家族はカトリック教徒のポーランド人でした。父親は化学技師で母親は教師でした。ドイツは、1939年にキェルツェを占領しました。ワランスは、1942年のユダヤ人に対するポグロムを目撃しました。ワランスは、パルチザン・グループ間のメッセンジャーとして反ナチのレジスタンスの活動をしていました。1946年に、解放されたポーランドでワランスはキェルツェのポグロムを目撃しました。ワランスは、1949年に合衆国にいた父親に合流し、その後、他の家族も続きました。しかし、ポーランドの共産党政権は、たったひとりの妹の移住を10年近くも拒否し続けました。

謄本

  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

Thank you for supporting our work

We would like to thank Crown Family Philanthropies and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.