証言者の歴史

ワランス・ウィトコウスキー

ワランスと家族はカトリック教徒のポーランド人でした。父親は化学技師で母親は教師でした。ドイツは、1939年にキェルツェを占領しました。ワランスは、1942年のユダヤ人に対するポグロムを目撃しました。ワランスは、パルチザン・グループ間のメッセンジャーとして反ナチのレジスタンスの活動をしていました。1946年に、解放されたポーランドでワランスはキェルツェのポグロムを目撃しました。ワランスは、1949年に合衆国にいた父親に合流し、その後、他の家族も続きました。しかし、ポーランドの共産党政権は、たったひとりの妹の移住を10年近くも拒否し続けました。

謄本

私たちは、健常な14才以上の人々が週6日間1日10時間働かなければならなかった時代を生き延びました。そうでなければ、強制労働収容所またはドイツの兵器工場での労働のために送られました。食料の支給を受けていましたが、ほとんど皆が空腹であることがよくありました。病気によって多くの人々が死んでいきました。発疹チフス、腸チフスが流行していました。母は、腸チフスを患いましたが、生き延びました。私たち子供にはうつりませんでした。そして、私たちは、ポーランド語で「ラパンキ」(一斉捜査)と呼んでいた絶え間ない警察の捜査を恐れていました。たとえば、自分の家から叔母の家に向かって道路を歩いているときに憲兵が道の両側を突然ふさぐのです。そこにいるすべての人々が取り囲まれ、身分証明書を見せるように要求されます。そして、どこで働いているのか、自分は誰なのか、職業は何なのか、今何をしているかなどを聞かれ、ドイツの戦争に対する努力に価値ある貢献をしていないと認められた人々はトラックに乗せられ、鉄道の駅に送られると列車に乗せられドイツに送られたのです。戦争の悲劇を感じていない家族はほとんどいませんでした。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

このページは次の外国語からも入手出来ます

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.