<p><span lang="JA">親衛隊</span>の部隊は、死刑のためにウィタニオウの近くの<wbr />森の中にポーランド人のグループを指示する。ポーランド、ウィタ<wbr />ニオウ、1939年10月ー11月。</p>
ディスカッションの質問

戦争がもたらしたもの

ユダヤ人や、標的になったその他の集団に対する迫害は、1933 年にナチスが政権の座に就いた時点でドイツ政府の政策となっていました。しかし、ドイツによる 1939 年 9 月 1 日のポーランド侵攻の後、ナチスの政策をより極端なものにさせる機会や気運をもたらしたのは、戦争に他なりません。

第二次世界大戦の開戦から 80 年。この機会に、戦争が及ぼす作用という根本的な問題について、じっくり考えてみましょう。第二次世界大戦の勃発によってもたらされたものは、何だったのでしょうか。

この記事の内容の背景に関する情報については、関連記事をご 覧ください。

画像はこちらからご覧ください

第二次世界大戦のヨーロッパ戦線は、1939 年 9 月 1 日、ドイツによる隣国ポーランドへの侵攻で始まります。戦争はナチス指導者にさまざまな機会と課題を与えました。国家の存亡を賭けた戦いという名の下に、地理的にさらに広い範囲でイデオロギーを実践に移す機会が増えていきました。多くのドイツ人は、この戦争はユダヤ人や敵対する国外勢力から押し付けられたものだと信じていました。ナチス ドイツは、この戦争を通じて、人種イデオロギーの実現を新たな段階に引き上げることにしました。ナチスの宣伝機関は、ポーランド侵攻を、敵からドイツを守るのに必要な防衛手段と表現していました。

ナチスの思想やイデオロギーは、極端な人種差別主義と反ユダヤ主義を基にしたものでした。ナチスの人種差別的イデオロギーの目標には、人種的に規定された「民族共同体」の創設、生存圏 (Lebensraum) を勝ち取ることによる領土の拡大、国内外にいるドイツの敵の打倒がありました。ナチスはユダヤ人を、ドイツ民族の存続を脅かす脅威として、また民族にとっての一番の敵として捉えていました。

ドイツによるポーランドの占領は残忍なものでした。ナチスはポーランド国民を破壊しようとしました。そのために彼らはドイツのルールに抵抗するか、ポーランドの文化を維持しようと考えている人をターゲットにしていました。ドイツ警察、親衛隊、軍部隊、とドイツ民兵組織は司祭、政治指導者、学校の教師、捕虜、人質を含む数千人のポーランド人とユダヤ人を銃撃しました。ポーランドの住民は強制労働に駆り出されました。ナチス ドイツは、領土を編入してライヒ (国家) を拡大させることに成功し、食料やその他の財産を要求し、図書館の蔵書、美術品、公文書などの文化財を略奪または破壊しました。

ナチスとその協力者によって最終的には殺害されてしまった人々のほとんどは、軍事的勝利の結果としてドイツの支配下に置かれていました。「ユダヤ人問題」の解決は、ナチズムのさまざまな主要目標の 1 つでしたが、やがて戦争が進むにつれて、的確な手段が明確にならないまま、戦争の目的の 1 つになっていきました。戦前のポーランドのユダヤ人 330 万人のうちの約 200 万人が暮らしていたのは、後にドイツに占領された地域でした。1939年8月のドイツ - ソビエト協定の条項のもとにソビエト連邦が占領した地域に130万人が住み、侵略の道を開いた。その後の数年間でナチスは、戦争を隠れみのにして「最終的解決」を模索します。まず行ったのは、狭苦しいゲットーにユダヤ人を押し込め、食料品や医薬品を取り上げ、強制労働に従事させることでした。最終的には、ヨーロッパ中のあらゆるユダヤ人の組織的な大虐殺へと行き着きました。これは、戦争がなかったら、決して実現しなかった計画でした。

ヒトラーが足を踏み入れるところに、ユダヤ人の希望はない。ヒトラー、その名前は消し去られんと祈るばかりだが、彼は演説の中で、戦争が起こったらヨーロッパのユダヤ人は絶滅すると脅していた。ヒトラーの軍隊がユダヤ人を一時的に制圧した場所で、ユダヤ人は、その先に何が自分たちを待ち受けているのかをすべて悟っている。—ハイム・カプランの日記 (1939 年 9 月 1 日)

さらに、戦争はナチス指導者に「民族共同体」を「浄化」する機会も与えました。それは、ドイツ人の障がい者を計画的に殺害することによるものでした。ナチスは、障がいを持ったドイツ人を、ドイツ民族における遺伝的汚点であり戦争で国家が必要とする資源を失わせる存在だとみなしました。ヒトラーは、1939 年 9 月 1 日に遡って発効となった秘密の通達文書で、安楽死プログラムを認可しました。それは戦争を「安楽死」の論理的根拠、あるいは隠れみのにするためでした。ナチス指導者たちの間で用いられた「安楽死」、「慈悲心による死」という隠語によって、それが施設に入所している精神・身体障がい者の大量殺害プログラムであるという事実は隠ぺいされてしまいました。犠牲者たちは、精神医療施設やその他の療養施設から、シャワー室を装ったガス室を備えた特別な「安楽死」センターへと移送されました。

読み続ける

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.