<p>第二次世界大戦前に、行事で集まったドイツ系ユダヤ人の2つの家族。 ホロコーストを生き延びたのは、このうち2人だけでした。 1928年、ドイツ。</p>

ホロコースト (簡約記事)

ホロコースト (簡約記事) - ストについて — 写真 ホロコーストとは、ナチス政権とその協力者による約600万人のユダヤ人の組織的、官僚的、国家的な迫害および殺戮を意味します。「ホロコースト」は「焼かれたいけにえ」という意味のギリシャ語を語源とする言葉です。1933年1月にドイツで政権を握ったナチスは、ドイツ人を「優れた人種」であると信じる一方、ユダヤ人を「劣った人種」であると見なし、いわゆるゲルマン民族のコミュニティに対する他民族による脅威であると考えました。また、ロマ族(ジプシー)、身体障害者、一部のスラブ民族(ポーランド人やロシア人など)も「劣った民族」であると見なし、迫害の対象としました。共産主義者、社会主義者、エホバの証人、同性愛者など、政治的、思想的、行動的な理由から迫害された人々もいました。

ナチス政権の初期に、政治的、思想的な敵対者と、敵対者になりうる者を拘留するための強制収容所が設立されました。1941年6月のソ連進攻後には、アインザッツグルッペンと呼ばれる移動虐殺部隊がドイツ軍前線の後に続いて移動し、ユダヤ人、ロマ族、ソ連当局者および共産党員に対する大量殺戮作戦を実行しました。ドイツの親衛隊、警察、軍隊によって、100万人以上のユダヤ人男性、女性、子供が殺され、その他にも数十万人が殺害されたのです。1941年から1944年にかけて、ナチスドイツ当局は数百万人のユダヤ人をドイツ、占領地区、多くの枢軸国からゲットーや絶滅収容所に移送し、そこで特別に開発されたガス施設にて彼らを殺害しました。1933年のヨーロッパにおけるユダヤ人の人口は900万人を超えていました。1945年までにドイツ軍とその協力者は、ヨーロッパのユダヤ人を殺害するというナチスの政策「最終的解決」の一環として、ヨーロッパ在住ユダヤ人の3人に2人を殺害したのです。

ホロコースト (簡約記事) - ストについて — 歴史映画の場面