Forced labor in the quarry of the Mauthausen concentration camp. [LCID: 12352]

ナチス収容所体制

ナチス収容所体制 ナチス収容所体制は、ナチス政権の政敵を抑圧するための制度として開始されました。第三帝国時代の初期の頃、ナチスは主に共産主義者と社会主義者を投獄しました。1935年ごろには、人種的または生物学的に劣っていると見なされる人々、特にユダヤ人の投獄も始まりました。第二次世界大戦中には、ナチス収容所体制の編成と規模が急速に拡大し、投獄目的でのみ使われていた収容所で強制労働や殺害もあからさまに行われるようになりました。

ドイツはドイツ占領下のヨーロッパ全域で、ドイツの支配に抵抗した人々や、劣った人種または政治的に好ましくないと判断した人々を逮捕しました。ドイツの支配に抵抗したという理由で逮捕された人々のほとんどは、強制労働収容所や強制収容所に送られました。第二次世界大戦によって、収容所の数と囚人の数がいずれも、これまでにないほどに増加しました。戦前に約2万5,000人であった囚人の数は、1942年3月には約10万人になるなど、3年間で約4倍に増え、収容所の囚人には、ヨーロッパのほぼすべての国の出身者が含まれるようになりました。強制収容所の囚人は文字どおり、死ぬまで働かされたのです。親衛隊の報告によると、1945年1月に強制収容所に登録されていた囚人は、70万人を超えていました。

ドイツ軍はユダヤ人を占領下のヨーロッパ全域からポーランドの絶滅収容所に移送し、そこでユダヤ人を組織的に殺害しました。また、強制収容所にも移送し、そこでユダヤ人は強制労働をさせられました(「労働を通じた絶滅」)。これに加え、数十万人のロマ族(ジプシー)とソ連軍戦争捕虜をも組織的に殺害しました。

重要な日付

1939年9月3日
敗北主義者が強制収容所に移送される

第二次世界大戦が始まってから3日後、親衛隊保安諜報部(SD)のラインハルト・ハイドリヒ指揮官は、ドイツの勝利や戦争の意味について公の場で疑問を投げかける者を即刻逮捕するよう命令します。戦争が進展するに伴い、逮捕者の数は増加していき、逮捕者の多くは裁判にかけられることなく、強制収容所へ直接移送されます。

1941年12月7日
ヒトラーが「夜と霧」命令を発令する

アドルフ・ヒトラーの命令に従い、国防軍最高司令部のヴィルヘルム・カイテル総長は、「夜と霧」指令を発令します。この指令は、ドイツ占領地区でドイツの支配に抵抗した者は逮捕され、ドイツの強制収容所に移送されるという内容のものです。逮捕者は、家族や親戚に知らされることもなく、「夜と霧」の中に消えるように連れ去られす。この指令の条項に従って逮捕される人の数は約7,000人で、そのほとんどがフランスからの逮捕者です。逮捕者の大半は、グロース・ローゼン強制収容所とナッツヴァイラー・ストリュートフ強制収容所に移送されます。

1942年9月18日
強制収容所の囚人が「労働を通じた絶滅」の対象になる

司法省と親衛隊が、囚人を親衛隊の管轄に組織的に移動させることで合意します。司法省は、すべてのユダヤ人、ロマ族(ジプシー)、ウクライナ人に加え、3年を超える刑期を言い渡されたポーランド人、そして8年を超える刑期を言い渡されたチェコ人およびドイツ人を親衛隊の専属管轄下に置くことに合意します。これらの区分に当てはまる囚人は、死ぬまで強制収容所で労働させられるという、「労働を通じた絶滅」の対象となります。