Joseph Goebbels, the Nazi minister of propaganda, speaks at a rally in favor of the boycott of Jewish-owned shops. [LCID: 44203]

ナチスのプロパガンダと検閲

ナチスのプロパガンダと検閲 民主主義を終わらせ、ドイツを一党独裁に変貌させることに成功したナチスは、ドイツ人の忠誠心と協力を得るための大規模なプロパガンダキャンペーンを画策しました。ヨーゼフ・ゲッベルス博士率いるナチス宣伝省は、新聞、雑誌、本、公的会議、集会、芸術、音楽、映画、ラジオなどのドイツ国内の全情報伝達手段の支配権を握りました。ナチスの信念や政権に対する脅しという見解から、すべてのメディアが検閲されるか排除されました。

1933年の春、ナチスの学生組織、教授および図書館員は、ドイツ人が読むべきではないと思われる本の長いリストを作りました。そして1933年5月10日の夜、ナチスはドイツ全土の図書館や書店を襲撃しました。たいまつを持って行進を行い、シュプレヒコールを上げ、巨大なかがり火に本を投げ入れました。その夜、2万5,000冊以上の書籍が燃やされました。アルバート・アインシュタインやジークムント・フロイトなどの、ユダヤ人が書いた本もありましたが、ほとんどの書籍はユダヤ人以外が書いたもので、ジャック・ロンドン、アーネスト・ヘミングウェイ、シンクレア・ルイスなどの有名な米国人作家の本も含まれていました。これらの書籍の発想がナチスの考えとは異なるため、読むべきではないと判断されました。

ナチスの検閲では、難聴や失明を克服し尊敬される作家になったヘレン・ケラーの本も焼かれました。焼却されたことを聞いたヘレン・ケラーは、次のように言いました。「暴政は考える力を打ち負かすことはできません。」米国では数十万人が、ニューヨーク、フィラデルフィア、シカゴ、セントルイスの公共集会で、言論の自由に対する明らかな侵害である焚書に抗議しました。

学校は、ナチスの意図を広める重要な役割を果たしました。検閲によって教室から書籍が排除されましたが、党への盲従、ヒトラーに対する愛情、反ユダヤ主義を教える他の教科書や新しい教科書は導入されました。ヒトラー青年団とドイツ女子同盟による放課後の会合では、ナチ党への忠誠を誓うための子供たちの訓練が行われました。学校内外で若者たちは、アドルフ・ヒトラーの誕生日や政権獲得の記念日を祝いました。

重要な日付

1930年12月5日
ヨーゼフ・ゲッベルスによる初公開映画の妨害

ベルリンで、アドルフ・ヒトラーの腹心の1人であるヨーゼフ・ゲッベルスと突撃隊員(SA)は、エーリッヒ・マリア・レマルクの同名の小説を原作にした映画「西部戦線異状なし」の初演を妨害します。ナチスの活動家は、煙爆弾とくしゃみ粉を投げて映画を中断させます。妨害に反抗する観客は暴行を受けます。戦争の残酷さと不条理の描写が「反ドイツ主義」だと信じるナチスにとって、小説はずっと不評で、最終的にはこの映画は禁止されます。レマルクは1931年にスイスに移住します。ナチスは、政権獲得後の1938年、彼のドイツ市民権を剥奪します。

1933年3月13日
ヨーゼフ・ゲッベルス率いる宣伝省

アドルフ・ヒトラーが最も信頼している腹心の1人であるヨーゼフ・ゲッベルスが、国民啓蒙・宣伝大臣に任命されます。この組織はすべてのメディア(新聞、ラジオ番組、映画)のみならず、公共の娯楽と文化プログラム(演劇、芸術、音楽)の執筆や放送も制御します。ゲッベルスはナチスの人種差別主義をメディアに統合します。

1933年5月10日
ヨーゼフ・ゲッベルスのベルリンでの焚書についての演説

ドイツ宣伝省大臣ヨーゼフ・ゲッベルスの演説を聞くために、4万人がベルリンのオペラ広場に集まります。ゲッベルスは、ユダヤ人、自由主義者、左翼、平和主義者、外国人などによって書かれた作品は「反ドイツ主義」だと罵倒します。ナチスの学生は焚書を始めます。ドイツ国内の図書館は、本の「検閲」によって一掃されます。ゲッベルスは「ドイツ精神浄化」を宣言します。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.