歴史映画の場面

ゲッペルスが先導する焚書

「反ドイツ主義」と見なすものすべてを国から排除するために、ナチスはドイツ中の都市において公衆の面前で書籍を焼却していきました。 ベルリンのオペラハウス正面では、シュプレヒコールを唱える群衆がユダヤ人や左翼知識人たちの書いた書籍を焼却しています。 ヒトラーの宣伝および公共情報大臣であるヨーゼフ・ゲッペルスがドイツの計画的「再教育」について語ります。

謄本

ドイツの他の大学都市と同様に、ベルリンでも学生が「反ドイツ主義」や不道徳な書籍を収集し、焼却しました。 ベルリン、オペラ広場の焚書。 宣伝大臣ゲッペルス博士が若者に向けて演説します。 「学生の皆さん、ドイツ人紳士淑女の皆さん、悪名高きユダヤ主知主義の終焉を告げます。 ドイツ革命の勝利により、ドイツにふさわしい道のりが開かれました。これからのドイツ人は、知識人であるだけでなく、人格者ともなります。その目的に向けて、皆さんに教育を施したいのです。 我々は、若いうちから厳しい人生を直視する勇気を養う必要があります。 死に対する敬意を再び得るために、死の恐怖を退ける必要があります。 これが若者の指命です。ですから今晩このようにして、過去の知的な廃物を炎に投じることは、非常に意義があります。 これは強力かつ偉大で象徴的な儀式です。そしてこの儀式は、11月に共和国の知的基盤はここで崩壊したものの、その残骸からは新たな精神の君主が生まれ、勝利を収めることを全世界に示すものとなります。」 (ベルリン、オペラ広場)


タグ


  • National Archives - Film

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.