歴史映画の場面

ドイツが軍縮と国際協力を拒否する

アドルフ・ヒトラーの外交政策は、戦争を通じてドイツのためのヨーロッパ帝国を成立することでした。 この政策を遂行するには、ドイツの軍事力の迅速な拡大が求められました。 1932年に開始されたジュネーブ軍縮会議は、軍縮の交渉を通じて新たなヨーロッパ戦争を回避することを目的としていました。 ヒトラーは、1933年10月にドイツがこの会議から脱退することで、軍縮政策を拒否しました。同時に、国際連盟から脱退することで、国際的な集団安全保障を拒否しました。 ナチスドイツはその代わりに、膨大な軍事建設計画に取り組み始めました。

謄本

「政府を代表し、次の内容を皆さんにお伝えします。 軍縮に関して最近行われた話し合いの方向性を考えると、軍縮会議からはその唯一の目的である、全般的な軍縮が満たされないことは明らかです。」 会議からの脱退に加えて、ドイツは国際連盟からも脱退します。これは容易ならぬ状況です。 ヨーロッパで再び[戦争の犬]が解き放されるのでしょうか。 陰鬱な面持ちのヘンデルソンが、ドイツの最後通牒に向けた返信を読み上げます。 「したがって誠に遺憾ながら、私自身は正当なものとして受け入れられない理由により、ドイツ政府はこの重大な決定を行うこととなりました。 軍縮会議議長、ヘンデルソン。」


  • John E. Allen, Inc.

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.