歴史映画の場面

ユリウス・シュトライヒャー

ナチスのリーダーで、反ユダヤ主義新聞「シュテルマー」(攻撃者)の出版者でもあるユリウス・シュトライヒャーが、世界の支配を試み、ユダヤ人以外から搾取して生きているとしてユダヤ人を非難する演説を行います。 シュトライヒャーは、「ユダヤ人問題」の解決がドイツの唯一の解決策であると主張します。

謄本

ドイツ人は、ユダヤ人に対する戦いである反ユダヤ主義を生み出したとして非難され、そのために野蛮人であると責められています。 これを申し立てる人間は、真実を述べていません。 数千年前から、非ユダヤ人はユダヤ人侵入者から自分たちを守ることを強いられてきました。 この苦闘が終わらないので、非ユダヤ人から摂取することで生き、自分たちが世界の支配者として選ばれた人種だと宣言されたままにしているユダヤ人に非難が向けられるはずです。 この世界における人々の間の平和は、戦争の恩恵を受ける人々が、戦争を再び行うように地球上の人々を駆り立てることができなくなったときにのみ可能になります。つまり、ユダヤ人問題が解決しない限り、人類に解決は訪れません。


タグ


  • National Archives - Film
詳細

シェア