歴史映画の場面

水晶の夜に対する米国の批判

1938年11月9日、ナチスはユダヤ人に対する全国的なポグロムを展開しました。 「水晶の夜」(壊れたガラスの夜)と呼ばれるこのポグロム中に、突撃隊員(SA)の一団がユダヤ人の所有する数千の商店や数百のユダヤ教会を破壊しました。 約100人のユダヤ人がこの暴動で殺害されました。 この映像は、ニューヨーク市で行われた抗議集会の光景を示しています。 ラビ・スティーブン S.ワイズは、米国のユダヤ人社会の憤激を表明しました。 暴力に対する米国政府の公式な抗議の一部として、フランクリン D.ルーズベルト大統領は米国大使をドイツから召還しました。

謄本

アメリカ人は、ナチスのポグロムに対する世界的な抗議を先導しました。 反ヒトラーのデモが、全国中で行われました。 この真の民主主義国家におけるユダヤ人の抗議は、チーフ・ラビ・ワイズによって表明されました。 「アメリカのユダヤ人は、アメリカ社会における他の人種グループや宗教グループすべてと共に、本国においても、国外においても、ユダヤ人の平等な権利を保護する決心を固めています。」 ワシントンには長蛇の列ができました。 ヒトラーのポグロムのニュースを聞いて閣議を招集したルーズベルト大統領は、かつて例のない手段を講じ、アメリカ大使をドイツから召還しました。 このため米国大使館からは、残虐行為の完全な証拠がヒュー・ウィルソン大使から大統領のもとにもたらされました。 ヒトラーはドイツの大使をワシントンから召還することで、報復を行いました。


タグ


  • Grinberg Archives

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.