チャヤ・コズロフスキ

チャヤ・コズロフスキ

生まれました: May 15, 1922

ポーランド、イヴィエ

チャヤは、ユダヤ人中流家庭の4人きょうだいの長女として、ポーランド北東部のイフィエという町に生まれました。彼女の父は鍛冶屋として生計を立てていました。チャヤは当初私立ユダヤ人学校に通い、ユダヤ教と一般教科を学びました。4年生になると公立学校に編入しましたが、午後はヘブライ語学校にも通っていました。

1933年〜1939年:私はイヴィエのシオニスト青年組織に所属していました。そこでは、たいていパレスチナ(イシューブ)に関する講義を聴いたり、さまざまなスポーツをしたりしました。1937年に高校を卒業した後、婦人服の仕立てを学び始めました。1939年にポーランドの私たちが住んでいた地域がソ連に占領されると、私はスロニムの看護学校に入学しました。ソ連の占領前であればこのような学校に通うお金はありませんでしたが、占領後は政府により高等教育の補助金が出るようになりました。

1940年〜1942年:ドイツがソ連に侵攻すると、私はイヴィエに戻りました。1942年には、友人のルーベンを含むパルチザングループの助けを借りて、イヴィエのゲットーを脱出しました。その後、森の中に地中の洞窟をカモフラージュして建設したパルチザンの病院で働くようになりました。私たちはドイツ人の用品を略奪して医療品を手に入れ、オイルランプの下で手術をしました。器具の消毒は煮沸して行い、麻酔として蒸留酒を使用し、塩で傷口をきれいにしました。手足の切断に必要な医療用のこぎりが見つからなかったときは、大工が使うのこぎりを使用しました。

チャヤとルーベンは、パルチザンとしての活動中の1942年に結婚しました。彼らは1944年7月に解放され、1949年に米国に移り住みました。