ドラ・リブキナ

ドラ・リブキナ

生まれました: November 7, 1924

ベラルーシ、ミンスク

ドラはベラルーシの首都、ミンスクのユダヤ人一家の3人娘の次女として生まれました。第二次世界大戦が始まる以前は、街の人口の三分の一以上がユダヤ人でした。ドラと家族は、ミンスクの中心地のノヴォメスニツカヤ通りに住んでいました。ドラの父親は国営の家具工場に勤務していました。

1933-39: 若い頃、ドラは身体を動かすことが好きで、水泳や踊りが得意でした。2年生だったとき、彼女は新年の上演会で主役の踊り子に選ばれました。彼女はまた、ソ連の歴史の講義を行う青年組織ヤングパイオニアズのメンバーで、キャンプ旅行も計画しました。

1940-43: 1941年にドイツ軍がミンスクを占領したとき、ドラの家族はミンスクのゲットーへの移住を命じられました。1943年、ゲットーが一掃されたとき、19歳のドラは移送中に脱出し、パルチザンに加わりましたが、ドイツ軍はすぐにその一団を捕らえてしまいました。護衛兵がユダヤ人を特定するよう命令したとき、最初はみんな黙っていました。しかし、看守が教えなければ全員を撃つと脅すと、ある1人の女性がドラを指差しました。ドイツ軍はドラの手を縛り、首の周りに石を縛り付けると、彼女を川に投げ入れて撃ちました。

パルチザン一団に加わっていた若い女の子の数人が、家族の中で唯一生き残っていた妹のベルタにドラの死について話しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.