エルネスト・G・ヘップナー

エルネスト・G・ヘップナー

生まれました: August 4, 1921

ドイツ、ブレスラウ

エルネストは、商業都市ブレスラウに住むユダヤ人一家のもとに3人の子供の1人として生まれました。ブレスラウには、ドイツ最大のユダヤ人コミュニティの1つがありました。 彼の父は第1次世界大戦の退役軍人で、ユダヤ人の過越祭に使われる種なしパン、マッツォを作る工場を経営していました。 1933年にヒトラーが政権を握ったとき、エルネストは12歳でした。

1933-39: 私は学校でよくトラブルに巻き込まれました。汚い言葉で罵られたからです。 「キリスト殺し」や「お前の親父は過越祭にキリスト教徒の赤ん坊を殺すんだろう」などとよく侮蔑の言葉を浴びせられたものです。 多くの人々はナチスが一時の政治的ブームだと考えていましたが、1935年までに彼らの法律は脅威となっていきました。 その兆候は、「ユダヤ人は禁じられた民族だ」という宣言に現れました。 1938年にシナゴーグが焼き討ちに遭い(「水晶の夜」の間に)、私たちはドイツから逃げなければならないと悟りました。 私の家族は切符を2枚しか手に入れることができなかったので、母と私は家族を残してアジア行きの船に乗りました。

1940-44: 私は日本統治下の上海にたどりつきました。避難民がビザなしで上陸できる場所は、そこしかなかったのです。 そこで、英国軍の上海義勇軍のために志願兵としてトラックを運転しながら、食事にありつき、他の多くの避難民よりはましな暮らしをすることができました。 1941年12月のパールハーバー攻撃の後、上海の避難民の状況は悪化しました。避難民の頼みの綱であった米国の救済金が上海に届かなくなったのです。 1943年にドイツからの圧力を受けて、日本はゲットーを設けました。

エルネストは1945年に上海が解放されるまで、2年間上海のゲットーで過ごしました。戦後、彼は中国の南京にある米国空軍で数年間働き、その後米国に移住しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.