フェラ・ペルズニアンコ

フェラ・ペルズニアンコ

生まれました: May 12, 1892

ポーランド、ザクロチム

フェラは、ワルシャワ近くのヴィストゥラ川沿いの町、ザクロチムに住んでいたユダヤ人の両親のもとに2人の子供の長女として生まれました。 彼女の父は、尊敬される弁護士でした。 フェラは若い頃、ワルシャワで帽子デザイナーとして働き、20代の終わり頃にモシェ・ガレクと結婚しました。 彼女はソホチンの近くの町に引っ越し、そこで彼女の夫は真珠貝のボタンの工場を経営していました。 フェラとモシェは4人の娘を育てました。

1933-39: 1936年にガレク一家はワルシャワに引っ越し、そこで都会の文化的生活に魅了されました。 1939年9月1日にドイツ軍がポーランドに侵攻したとき、モシェはパレスチナに逃げることを提案しました。 フェラは熱心なシオニストでしたが、その考えには反対しました。彼女はどこか他の土地で新しい生活を始めることをためらったのです。 ワルシャワは1939年9月28日にドイツ軍の手に落ちました。12月までにフェラとその家族はユダヤ人であることを示す必携の腕章を身に付けていました。

1940-43: ガレク一家は1940年11月にワルシャワのゲットーに入れられました。一家は、他にも数家族が住んでいる家の1室に住んでいました。 食料は不足しており、家の中で座って話しながら何日も過ごしました。 一家は1942年の大量移送作戦からは生き延びましたが、ゲットーが取り壊される直前の1943年4月の最後の一斉検挙で捕まりました。

一斉検挙でフェラとモシェは子供たちから引き離され、他の高齢者と一緒に並ばされて、即座に処刑されました。