フリッツ・アレクサンドル・ローゼンベルグ

フリッツ・アレクサンドル・ローゼンベルグ

生まれました: February 18, 1881

ドイツ、ゲッティンゲン

フリッツは、大学都市ゲッティンゲンのユダヤ人一家のもとに3人息子の1人として生まれました。ローゼンベルグ一家は1600年代からこの町に住んでいました。 彼の父はリネン工場を経営していました。 フリッツはそこで営業員として働き、後に彼と彼の兄弟が事業を継ぎました。 1913年にフリッツはエルゼ・ヘルツと結婚しました。 1920年代初めまでに彼らは息子を2人と娘を1人もうけました。

1933-39: 1933年にナチスはドイツで政権を握りました。 1年後にローゼンベルグ一家の工場は差し押さえられ、3人のナチスが一家の住む家にやって来ました。 士官はテーブルの上に銃を置き、一家が1週間以内に出て行かなければ、家具を窓から放り投げるとフリッツに告げました。 1か月も経たないうちに一家はハンブルグに移り住みました。 フリッツの叔父に支えられて、一家は1939年秋に戦争が勃発するまでハンブルグに留まりました。

1940-43: 1941年11月にフリッツと彼の家族は、他の1,000人のユダヤ人と共にハンブルグからソ連のミンスクのゲットーに移送されました。 到着後、親衛隊の護衛兵に赤いレンガの建物に連れて行かれた一家が目にしたものは、地面に散乱している死体でした。 ハンブルグから移送されてきた人々が寝泊りできるように、死体を建物から引きずり出し、壁の血を洗い落とさなければなりませんでした。 食べかけの食べ物がまだテーブルの上に載っていました。 そこの囚人たちは、新たに移送されてきた人々を受け入れるために、何千人ものソ連在住のユダヤ人が殺されたのだと言っていました。

ミンスクのゲットーは1943年10月に取り壊されました。フリッツの消息は途絶えました。 彼の息子のハインツは9月に移送され、家族の中でひとりで戦争を生き残りました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.