ハリー・ポーリー

ハリー・ポーリー

生まれました: 1914

ドイツ

幼少時代をベルリンで過ごして育ったハリーは劇場が大好きでした。15歳のときに、ノレンドルフプラッツの劇場で脇役を演じ始めました。理髪師の見習いもしていましたが、ハリーはその仕事が嫌いでした。ほとんどの時間を他の俳優たちと共に劇場や同性愛者が集まるナイトクラブで過ごしていました。

1933〜39年: ナチスが政権を握るようになると、同性愛者たちが集まるバーは閉鎖されました。同性愛者の一部、特にユダヤ人は、ナチスを支持するフーリガン(暴徒)によって殺害されました。私の友人だったドラッグクイーン(女装した男性)の「スージー」は刺し殺されました。1936年に、私はナチスが改訂した刑法第175条のもとで有罪判決を受けました。この法律は、同性愛を法的に禁止するものでした。私はネウサストラムの収容所に投獄され、沼地で1日12時間労働しました。私は15か月後に釈放されました。

1940〜44年:1943年、私はゲシュタポから同性愛者を告発するよう強要された2人の少年によって密告されました。私は再び刑法175条のもとで有罪判決を受けましたが、劇場の友人が私のために仲裁してくれたため、そのときは8か月後に再び釈放されました。その後軍隊に召集されましたが、どこへ行っても私が刑法第175条で有罪判決を受けたことが知られていたため、みだらな男性同性愛者を意味する差別語で呼ばれました。私はそれに耐え切れず、二度も脱走しました。最終的に、罰としてほぼ全員が戦死する特別戦闘部隊に送られましたが、どういうわけか私は生き延びることができたのです。

終戦後、ハリーは小さな劇場を創設しました。