アイザック・サンドラー

アイザック・サンドラー

生まれました: 1894

ウクライナ、バッハノフカ

アイザックはソ連連邦のウクライナにあるバッハノフカという小さな村で、ユダヤ人家庭の6人兄弟の1人として生まれました。アイザックは1920年代の半ばに結婚して、ウクライナの首都キエフに移りました。

1933~39年:キエフで、アイザックはペンキ屋として働きました。彼は、キリスト教徒のウクライナ人女性と結婚したため、この結婚はユダヤ人法に反すると信じていた親族から仲間外れにされました。アイザックは家族の「ブラックシープ(異端者)」と見なされました。

1940~41年:1941年6月にドイツ軍がソ連に侵攻したとき、アイザックは赤軍に動員され、キエフの防衛を支えていた技術部隊に入隊しました。その年の9月にドイツがキエフに進軍してくると、彼の部隊は捕虜になりました。ドイツの司令官は捕虜を並ばせ、ユダヤ人と人民委員は全員3歩前に出るように命令しました。アイザックは前に出ました。

それから、ドイツ人司令官は他の捕虜に「彼らを始末しろ」と命令しました。ソ連人の1人がスパッツを脱がせ、背後から絞殺しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.