イサドル・フレンキール

イサドル・フレンキール

生まれました: 1898

ポーランド、ゴンビン

イサドルと妻ソシアには、7人の息子がいました。フレンキール夫妻は、敬虔なユダヤ人家族で、ゴンビンというワルシャワ近くの町にある一部屋アパートで暮らしていました。ゴンビンに住む多くのユダヤ人家族同様、町の中心にあるシナゴーグの近くに住んでいました。イサドルは帽子を作り、毎週、町の市場で売っていました。警察や軍隊用の帽子も作っていました。

1933~39年: イサドルは大恐慌の影響を感じていました。仕事は好調とは言えませんでしたが、家族をなんとか養っていました。1939年9月1日、ドイツ軍がポーランドを侵略すると、ゴンビンもすぐに占領されました。ゴンビンでは10人が路上で銃殺され、医師と教師は連行されました。ドイツ軍はユダヤ人の男性を集め、広場に拘束しました。兵士たちは、シナゴーグにガソリンをまいて火をつけました。

1940~42年: 1941年、フレンキール夫妻は、ドイツ軍がいくつかの町で人々を避難させ、ユダヤ人を死のキャンプに送っているという噂を耳にしました。移送を逃れてきたいとこがフレンキール家を訪れ、噂は本当だと告げました。「ドイツ軍はトラックに人を乗せ、ガスを浴びせて殺し、死体を焼却炉に放り込んでいる」と言うのでした。イサドルの3歳の息子は泣きながら母親のもとに駆け寄りました。「僕も焼かれちゃうの?」イサドルは、いとこにユダヤ人の年長者たちに伝えるよう促しました。いとこは年長者たちに話を伝えましたが信じてもらえず、逆に町を去るよう言われてしまいました。

1942年5月、ゴンビンのユダヤ人はヘウムノ絶滅収容所に移送されました。イサドル、ソシア、そして4人の息子たちは密閉されたトラックに入れられ、ガスで窒息死させられました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.