イスラエル・ミルコウ

イスラエル・ミルコウ

生まれました: February 15, 1937

ポーランド、スロニム

イスラエルは、スロニムの町に住む信心深いユダヤ人家庭に生まれました。彼は、イディッシュ語を話す両親から「イスロエル」と呼ばれていました。イスラエルの父、ラザール・ミルコウはパン職人で、わずかな収入で家族を支えていました。

1937~39年:イスラエルの祖父母、そして母方の親戚の多くはカスローブチナと呼ばれる近くの村に住んでいました。毎年夏になると、ミルコウ家の男の子一人がカスローブチナで農業と馬の売買をしていた叔父ハーシェルの家に招待されました。1939年9月、スロニムはソ連に併合されました。政府は変わりましたが、ミルコウ家の日常生活はそれまでと変わることなく続いていました。

1940~44年:1941年の夏、ドイツ軍がソ連を攻撃したとき、当時4歳だったイスラエルはカスローブチナの叔父ハーシェルの家での滞在を楽しんでいました。イスラエルをスロニムに戻すことは危険だったため、ハーシェルはイスラエルを連れ、家族と共にソ連を横断し、ウズベキスタンのサマルカンドの安全な場所に逃れました。彼らは水道もない小屋に住みました。マラリアやチフスが広がり、一年も経たないうちに叔父のハーシェルとその妻が死に、イスラエルは孤児院に預けられました。

戦後、イスラエルはポーランドに戻り、数々の旅を重ねローマにたどり着きました。1949年、米国に親戚がいることがわかり、1950年に米国に移住しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.