ヨハン(ハンジー)・ストイカ

ヨハン(ハンジー)・ストイカ

生まれました: 1929

オーストリア

家族や友人からハンジーと呼ばれていたヨハンは、ローマカトリック教徒のジプシーの両親のもとに生まれた6人兄弟の3番目でした。一家は幌馬車で他の幌馬車とキャラバンを組んでオーストリアの首都ウィーンで冬を過ごし、オーストリアの田舎で夏を過ごしました。ストイカ一家は、ロワラ・ロマ族と呼ばれるジプシーの部族に属しており、馬の行商人として生計を立てていました。

1933〜39年: 私は、自由、旅、勤労に慣れ親しんで育ちました。1938年3月、私が9歳のときにドイツ軍がオーストリアを併合した当時、私たちの幌馬車は冬の間ウィーンの野営地に停めてありました。ドイツ軍は私たちにそこに留まるように命じました。両親は住まいを幌馬車から木造の家に変え、私の父と一番上の姉は工場で働き始めました。私は学校に通い始め、私の家族は1年中1か所に定住する生活に慣れなければなりませんでした。

1940〜44年: 1943年までに、私の家族はビルケナウにあるジプシーを収容するナチスの収容所に移送されました。ある日、母が私を血液中毒のため診療所に連れて行きました。囚人は「煙突から」診療所を出る(殺害・火葬されて遺体焼却炉の煙突から煙となって出る)と聞いていたため、母は非常に恐れていました。しかし、私は次の日に戻り、自分が見た夢について「白い服を着た美しい女の人が僕を温かく取り囲んで治してくれた」と母に伝えました。母は天を見上げ、そして煙を出している遺体焼却炉を見て、感謝の祈りを口ずさみました。診療所は死の場所であって、治療の場ではなかったのです。

ハンジーは、その後強制労働のためにブーヘンヴァルトおよびフロッセンビュルク強制収容所に移送されました。1945年4月24日に、ドイツのローツ近郊で解放され、戦後、ウィーンに戻りました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.