ジュディス・ビーカー

ジュディス・ビーカー

生まれました: February 7, 1929

リトアニア、ヨナヴァ

ジュディスはイディッシュ語を話すユダヤ人家族に生まれた3人の子供の1人で、リトアニアのヨナヴァという町に近い農場で暮らしていました。ジュディスの母親はユダヤ人の高等教育を受けており、娘たちに自宅で学習させました。息子のエイブはヨナヴァのユダヤ人神学校に通いました。ジュディスの父親は木材産業で働きました。

1933~39年:1938年の秋、父が亡くなって6か月後に、母と私はリトアニアの首都コブノに引っ越しました。私は9歳でした。当時のコブノには、首都の総人口の約1/3を占める大きいユダヤ人コミュニティがありました。母はお針子の仕事をしていました。コブノに引っ越したのは、仕事を探して、既にそこで働いていた兄と姉の近くに住むためでした。

1940~45年:1940年にソ連がリトアニアを占領し、1年後にはドイツ軍が侵攻しました。1943年、私が14歳の時に、家族はシュトゥットホーフ強制収容所に送られました。到着すると、直立不動の姿勢で立たされ、体格のよい女性警備官がムチを持って通り過ぎ、「ここを生きて出られる者はいない全員が消える運命にある」と言いました。それから私たちは身体検査に連れて行かれました。私の前に並んでいた女性は、歯を引き抜かれ、口から血が流れ出しました。私の番が来たとき、警備官は手を股間に手を入れ、貴重品を隠していないか探りました。

ジュディス姉妹は1944年の冬、死の行進中にシュトゥットホーフから逃亡しました。後に、キリスト教徒のふりをしてデンマークに逃れ、1945年に解放されました。