カールハインツ・カサロー

カールハインツ・カサロー

生まれました: December 7, 1917

ドイツ、ボーフム

カールハインツは第一次世界大戦中、父親がドイツ軍に所属している間に生まれました。戦後、ルター教の両親はエホバの証人になり、子供たちに毎日聖書の教えを説きました。カールハインツが13歳のとき、一家はウェストファリア田舎町のバッド・リップスプリンゲに引っ越しました。彼らの家はエホバ信徒の新たら本部となりました。

1933~39年:エホバの証人の伝道の仕事と、唯一の忠誠は神と神の戒律であったため、彼らの活動はナチスによって禁じられました。1936年以後、カサロー家の自宅は何度も捜索され、宗教的な文献は没収され、カールハインツの両親は何度も逮捕されました。一家は仲間の証人たちの隠れ家を提供し、引き続き家で違法に聖書研究の集いを開いていました。

1940~44年:カールハインツの兄は1940年4月、兵役は神の戒律「汝殺すなかれ」に反するとしてドイツ軍への入隊を拒否した罪で処刑されました。ゲシュタポは葬式に参列し、7週間後、葬式中に捧げた祈りを理由にカールハインツを逮捕しました。ヒトラーへの敬礼を拒否すると、殴り倒されました。彼は2か月間刑務所に入り、そこで拷問され、ザクセンハウゼン強制収容所に移送されました。2年後にはダッハウに送られました。

カールハインツは1945年6月にダッハウ収容所から解放されました。結核で重病を患い、翌年バッド・リップスプリンゲで死去しました。28歳でした。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.