カール・ストイカ

カール・ストイカ

生まれました: April 20, 1931

オーストリア、ヴァンパースドルフ

カールは、東オーストリアのヴァンパースドルフの村でローマカトリック教徒のジプシーの両親のもとに生まれた6人兄弟の4番目でした。ストイカ一家は、ロワラ・ロマ族と呼ばれるジプシーの部族に属しており、馬の行商人として生計を立てていました。一家は幌馬車で旅をし、オーストリアの首都ウィーンで冬を過ごしました。カールの祖先は200年以上前からオーストリアに住んでいました。

1933〜39年: 私は、自由、旅、勤労に慣れ親しんで育ちました。1938年3月、私の7歳の誕生日の直前にドイツ軍がオーストリアを併合した当時、私たちの幌馬車は冬の間ウィーンの野営地に停めてありました。ドイツ軍は私たちにそこに留まるように命じました。両親は住まいを幌馬車から木造の家へと変えましたが、私はずっと壁に囲まれている生活に慣れていませんでした。私の父と一番上の姉は工場で働き始め、私は小学校に通い始めました。

1940〜44年: 1943年までに、私の家族はビルケナウにある何千人ものジプシーを収容するナチスの収容所に移送されました。そこでは、鉄条網に囲まれることになりました。1944年の8月までに、ジプシーの生存者数はわずか2,000人となり、そのうちの918人が強制労働のためブーヘンヴァルトに移送されました。そこで、200人のジプシーが労働不能と判断され、ビルケナウに送り返されるとになりましたが、私はそのうちの1人でした。若すぎると思われたのです。しかし、私の兄と叔父は私が14歳であり、小人症であることを主張し、私はそこに留まることになりました。残りの人はガス処刑されるためにビルケナウに送り返されました。

カールは、その後フロッセンビュルク強制収容所に移送されました。1945年4月24日に、ドイツのローツ近郊で米国軍によって解放され、戦後、ウィーンに戻りました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.