リリアナ・グーゼンフィテール

リリアナ・グーゼンフィテール

生まれました: June 16, 1924

ポーランド、ワルシャワ

中産階級のユダヤ人の両親のもとに一人娘として生まれたリリアナは、ポーランドの首都でキリスト教徒やユダヤ人の隣人に囲まれて育ちました。 父は宝石商を営んでおり、ポーランド軍の予備役将校でした。母は主婦でした。 リリアナは、ソルボンヌ大学に行き、ポーランドで2番目の女性地方検事になることを夢見ていました。

1933-39: 学校で最も嫌なことは、嫌がらせされて、「汚いユダヤ人」と呼ばれることでした。 私は由緒あるカトリック系の高校に入学できるよう嘆願しました。ここで、私は土曜日の授業に出席するのを免除されましたが、他のユダヤ人学生と同じく、離れて座らされ、廊下や階段に追いやられました。 私は数週間後にその高校を辞め、1939年9月に占領したドイツ人によって閉鎖されるまで、ユダヤ系の高校に通いました。

1940-44: ユダヤ人がゲットーに押し込まれてからは、トーベンスの工場で奴隷のように働かされました。 1943年4月に私の家族は亡くなりました。ゲットーは燃え上がり、暴動が起きました。 ドイツ人が5月8日に私たちのところにやって来るまで、私は工場の床にうずくまっていました。私は怒りではさみをつかみましたが、何もできないうちに、ドイツ人が銃床で私の頭を叩きつけました。 私は腕を上げて抵抗しましたが、何度も叩かれて失神してしました。 翌日目を覚ますと、私は暗い家畜運搬車に押し込まれていました。

リリアナは、1945年1月18日にチェンストホーバが解放されるまで、マイダネク収容所とスカルジンスコ・カミェンナ収容所で奴隷労働者として生き残りました。彼女は1950年に米国に移住しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.