マーティン・スペット

マーティン・スペット

生まれました: December 2, 1928

ポーランド、タルヌフ

モネクとして知られるマーティンは、大都市タルヌフでユダヤ人の両親に育てられた2人兄弟の兄でした。母親はポーランド育ちのアメリカ市民でした。父親は市の税務署で働いていました。幼少時代、マーティンは切手を集めることと、トカゲを捕まえることが好きでした。両親はマーティンが薬剤師になることを希望していましたが、マーティン自身は大人になったら芸術家になりたいと思っていました。

1933~39年:1939年9月、タルヌフがドイツ軍により占拠されたとき、私は10歳でした。美しい制服を身に着けた兵士たちは丁重でした。しかし、その後ユダヤ人に素手で路上の馬糞を清掃することを強制し始めたのです。安息日にラビに会いに行ったとき、ドイツ人兵士が祈祷用のショールを着たラビを蹴っていところを目撃しました。ラビはヘブライ語で私に「逃げろ」と叫びました。逃げようとして振り向いたときに、銃の発射音が聞こえました。ラビ・リューベルが射殺されたのでした。

1940~44年:1940年、私たちはアパートから強制退去させられました。ドイツ人が移送のためユダヤ人を一斉検挙し始めてから、私の父と叔父は、叔父の木材置き場の床板の下に2つの溝を掘りました。次の移送の前日、私たちは床板の下に身を隠しました。真っ暗な中で4日間も仰向けになったまま、私たちは人の叫び声や射撃音、犬の吠える声を聞いていました。一斉検挙の間、2人のポーランド人がユダヤ人を捕まえようと私たちのいる木材置き場にやって来ました。その一人は、私たちがそこに居ることを知らずに小便をしました。やっとすべてが静かになったとき、私たちは床下から這い出したのです。

マーティンはベルゲン・ベンゼン収容所に移送されましたが、1945年4月13日に米国軍により避難列車から解放されました。マーティンは1947年に米国に移住しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.