マリアン・ヤツック・ドンブロフスキ牧師

マリアン・ヤツック・ドンブロフスキ牧師

生まれました: January 15, 1905

ポーランド、ニエボドロ

マリアンは、ニエボドロでカトリック教徒の両親に育てられました。ニエボドロは、ポーランドのビャウィストク県にあり、ウォムジャに近い町です。 彼の家族は、ポーランドが独立を再び手にした1918年まで帝政ロシアの支配下にあったこの町に住んでいました。 高校を出た後、マリアンはカプチン・フランシスコ修道会に入りました。 フランスとイタリアで8年間学んだ後、ポーランドに帰り、修道会の学生に哲学を教えました。

1933-39: 1939年9月にドイツがポーランドに侵攻したとき、私はグロドノの近くの修道院にいました。 ソビエト軍が東から侵攻し、グロドノに到達して3週間後に私たちは修道院から避難しました。 私はウォムジャに帰りました。 新しいソビエトの支配者は宗教を拒否し、宗教は労働者を搾取していると訴えました。 私は説教のときにこれに異議を唱えました。 ソビエトが私を逮捕しようとしていると知り、ドイツ占領下のポーランドに逃げました。

1940-45: 1941年に私はワルシャワでナチスに逮捕されました。 私を逮捕する本当の理由はないが、教育を受けたポーランド人として信頼できる協力者ではないと言われたのです。 私はパヴィアク刑務所に収監され、その後アウシュビッツに移送されました。 そこでは司令官が勤勉に働くように私たちに諭しました。 通訳が彼のわめき声をポーランド語に訳しましたが、私はドイツ語を理解できました。 彼は、私たちが遺体焼却炉の煙突からしか解放されないのだと怒鳴っていました。 通訳はこれらの言葉を訳すのではなく、「あなた方はすべてを克服するのです」と言っていました。

ドンブロフスキ師は、マラリア検査を受けるためにダッハウに移送されました。 彼は1945年4月29日に米軍によって解放され、1949年に米国に移住しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.