ローザ・イスラエル・ワルトホルン

ローザ・イスラエル・ワルトホルン

生まれました: July 26, 1887

チェコスロバキア、ヤシニャ

ローザは、当時ハンガリーの一部でコロスメゾと呼ばれていたヤシニャ村で信心深いユダヤ人の両親のもとに14兄妹の1人として生まれました。第一次世界大戦中、ヤシニャ近辺に駐留していたオーストリア・ハンガリー帝国軍の将校、マイケル・フォン・ホッペン・ワルトホルンと結婚しました。1920年代にパリに移り、3人の子供を育てました。

1933~39年:パリでのワルトホルン家の生活は、ハンガリーやチェコスロバキアでの生活と大きく異なるものでした。ローザの夫は豊かな暮らしをし、子供たちもより良い教育の機会に恵まれると思っていました。フランスはドイツから自衛できる強さがあると自信を持っていたワルトホルンはパリは安全だと感じていました。

1940~44年:1940年、ドイツは瞬く間にフランスを倒し、6月14日にパリを占領したのです。ハンガリー市民権で保護されていたローザは、当初はナチスによる国外追放の恐れはありませんでした。しかし、1942年7月に夫が一斉検挙されて他のポーランド生まれのユダヤ人たちと一緒に国外追放されたとき、ローザはパリの屋根裏部屋に隠れ、子供たちは田舎に身を隠しました。

ローザは密告者によって告発され、1943年9月2日にパリから移送されました。2日後、アウシュビッツのガス室で殺害されました。56歳でした。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.