ウルフガング・カサロー

ウルフガング・カサロー

生まれました: March 1, 1922

ドイツ、ボーフム

ウルフガングがまだ乳児だった頃に、両親がエホバの証人に入信しました。ウルフガングが9歳のとき、父親は一家を連れてバート・リップスプリンゲ、ウェストファリアの小さな町、に移り、自宅をエホバの証人の新しい集会所にしました。ウルフガングと10人の兄弟姉妹は、毎日聖書を勉強しながら育ちました。

1933-39: カサロー一家はその宗教のため、ナチス秘密警察の厳しい監視下にありました。エホバの証人の信者としてウルフガングの忠誠心は神と神の掟に向けられており、特に「神を何よりも愛すること、隣人を自分と同じように愛すること」という戒めを守ることを信じていました。父親と一番上の兄のウィルヘルムがナチスによって逮捕された後でもウルフガングの一家は法に背いて自宅で聖書研究会を開催し続けました。

1940-42: ヒットラーではなく神こそが自分を導くものとして信じ、十戒の5つ目の戒律である「汝、殺すことなかれ」を守るために、ウルフガングはドイツ軍への入隊を拒否しました。1941年12月に逮捕され、1942年1月12日に起訴状が発行されました。刑務所に数か月拘留された後、ウルフガングは裁判を受けて、死刑を宣告されました。死刑執行の前日、ウルフガングは家族に手紙を書き、その中で自分の神に対する強い信仰心を強く述べました。

1942年3月28日、ブランデンブルグ刑務所でウルフガングはギロチンで斬首刑に処せられました。20歳でした。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.