ヨナ・ウィゴカ・ディックマン

ヨナ・ウィゴカ・ディックマン

生まれました: March 15, 1928

ポーランド、パビャニツェ

ヨナは、労働者階級のユダヤ人一家のもとに4人の子供の第1子として生まれました。 一家はパビャニツェのユダヤ人地区で暮らしていました。 ヨナの父は、ポーランド人の店に商品を売っていました。 ポーランド人は商品の代金を払えないとき、彼に家族のための食料を渡したものでした。 パビャニツェでの生活は苦しかったものの、ヨナの家族はとても仲がよく、近くに親戚が大勢住んでいました。

1933-39: 1939年9月に戦争が始まってから、ドイツ人はパビャニツェの我が家の近所にゲットーを設けました。 私の親族は皆ゲットーに移らされました。 十分な食料がなかったので辛い日々を過ごしました。 毎週ゲシュタポが来て、私たちの貴重品をほとんど押収しました。 彼らは人々を捕まえ始め、数週間おきに人々を労働に徴用するか、強制収容所に送りました。 私たちは、1日の終わりに再会できるかどうかわからない状態でした。

1940-44: 1942年5月にパビャニツェのゲットーは一掃されました。 妹と父と私はウッチのゲットーに移送されました。 12歳だった私は、妹と一緒に工場での労働に送られました。 私たちは2年間衣服の縫製をし、ドイツ人がウッチからユダヤ人を移送し始めたときは隠れていました。 1944年8月に私たちはアウシュビッツに送られ、そこで選別されました。 妹は殺害されました。 私はドイツにある航空機工場での労働に送られました。 米軍が爆撃を開始し、私たちはマウトハウゼン収容所行きの列車に押し込められました。

食料も水もほとんどないままに10日が経ち、ヨナはマウトハウゼンで米軍によって解放されました。 戦後、彼女はイスラエルの叔父のもとへ行き、後にアメリカに移住しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.