証言者の歴史

アブラハム・ボンバ

アブラハムはポーランドのチェンストホヴァで生まれ育ち、床屋になりました。 彼とその家族は1942年、チェンストホヴァのゲットーからトレブリンカ絶滅収容所へ移送され、そこで強制労働力として選別されました。 ガス室に送られる女性たちの髪を切るよう強制され、移送されてきた人々の衣服を分類しました。 アブラハムは1943年に収容所から脱出し、チェンストホヴァに戻りました。 彼は1943年6月から1945年のソ連軍による解放まで、労働収容所で働きました。

謄本

私たちは、はさみを持っていました。 彼女たちから大量の髪の毛を奪いました。 切り落としたのです。 床の隅へ投げ落とし、約2分で仕上げなければなりませんでした。 次々と来て待っている人が列をなしていたので、2分さえもかけられませんでした。 私たちはそのようにして働きました。 心がひどく痛みました。 最もつらいことは、一部の理髪師が、自分自身の愛する妻、母親、祖母がいることに気づいたことです。 愛する人の髪を切り、禁止されているために何も話せない状況を想像できますか? 数分後にはガス室に送られると、もし一言でも発したら、その場はパニック状態になり、みな殺しにされてしまったでしょう。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア