証言者の歴史

アブラハム・ボンバ

アブラハムはポーランドのチェンストホヴァで生まれ育ち、床屋になりました。 彼とその家族は1942年、チェンストホヴァのゲットーからトレブリンカ絶滅収容所へ移送され、そこで強制労働力として選別されました。 ガス室に送られる女性たちの髪を切るよう強制され、移送されてきた人々の衣服を分類しました。 アブラハムは1943年に収容所から脱出し、チェンストホヴァに戻りました。 彼は1943年6月から1945年のソ連軍による解放まで、労働収容所で働きました。

謄本

人々は門を通って中に入りました。 現在の私たちは、この門がどんなものであったかを知っています。それはガス室へ通じる道でした。私たちが彼らに会うことは二度とありません。 私たちが収容所に入って1時間ほどした後、私たちのような人々が18人か16人か、もっとたくさん入ってきました。既にガス室で働いていた人もいました。私たちはガス室を片づけるように命令されました。 ガス室を片づけるとは、何かを拾って掃除することではありません。 それは恐ろしいことでした。 しかし、5分か10分後には、何もなかったかのように見せる必要がありました。 そして実際に、何もなかったかのように見えました。 まるでそこには誰もいなかったかのようでした。そうすれば、次の移送グループが入ってきたときに、そこで何が行われていたのかを知らずに済むのです。 私たちは建物の外で片づけました。 片づけるとはこういうことです。 衣服があった場所からすべての衣服を取り除きます。 衣服だけではありません。あらゆる証明書や金銭など、人々が所持していた物すべてです。 人々はたくさんの物を持っていました。 鍋やフライパンなどもありました。 他にもいろいろな物を所持していました。 私たちはそれを片づけました。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.