証言者の歴史

アブラハム・ボンバ

アブラハムはポーランドのチェンストホヴァで生まれ育ち、床屋になりました。 彼とその家族は1942年、チェンストホヴァのゲットーからトレブリンカ絶滅収容所へ移送され、そこで強制労働力として選別されました。 ガス室に送られる女性たちの髪を切るよう強制され、移送されてきた人々の衣服を分類しました。 アブラハムは1943年に収容所から脱出し、チェンストホヴァに戻りました。 彼は1943年6月から1945年のソ連軍による解放まで、労働収容所で働きました。

謄本

これから、あれについて、ガス室についてお話しします。 このことについては既に聞かれたことがあります。 ガス室がどのようなものだったかを。 とてもシンプルでした。 すべてがコンクリートでした。 窓はありませんでした。 中には何もありませんでした。 頭の上にはパイプが通っていました。まるでそこから水が出てくるようなパイプでした。 2つのドアがありました。 鉄製のドアで、 一方の側ともう一方の側にありました。 人々は一方の側からガス室に入ってきました。 私自身も中に入り、床屋として仕事をしました。 ガス室の大きさは、当時測ったわけではありませんが、5メートル四方ぐらいだったと思います。はっきりとは分かりません。ガス室が満杯になるまで、 できるだけ人々を詰め込みました。 部屋が狭いので、人々は手を下げて立っていることは許されませんでした。手を上に挙げると、お互いにまったく隙間がなくなりました。 そしてその上に子供を投げ入れました。2、3、4歳の子供を、その人々の上にです。 そして私たちは外に出ました。 すべてが終わるまで、だいたい5分から7分ほどでした。 ドアが開き、人々が入ってきた側ではなく、もう一方のドアから、トレブリンカ第2番で働くグループが入ってきました。死体のみを扱う仕事をする人々です。 彼らは死体を運び出しました。 死んでいる者も、まだ生きている者もいました。 彼らは人々を溝まで引きずって行き、そこで土をかぶせました。 大きな溝でした。彼らは死体を埋めました。 これがトレブリンカの始まりでした。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア